グリーンスムージー、ミキサーを使っての作り方

グリーンスムージー、ミキサーを使っての作り方

グリーンスムージー、ミキサーを使っての作り方

グリーンスムージーは、ミキサーで簡単に作ることが出来ます。

 

作り方の基本

ミキサーの容量に合わせた量の、好きなグリーンの野菜とフルーツを用意。
一口大にカットしたら、果汁の多いものから順番にミキサーに入れていきます。
最後に水を1人前50mlから70ml加えて攪拌。
途中でミキサーの回りが悪くなったら、少し水を加えて
しっかりと混ぜ合わせたら出来上がりです。

 

割合

一般的には、グリーンが4割でフルーツは6割という割合になっていますが
一番大事なのは、自分が美味しいと感じること。
野菜が苦手という方は、最初は1:9や2:8の割合から始めてみましょう。

 

また、やたらとたくさんの種類のグリーンやフルーツを入れてしまうと、
いくらスムージーでも消化器官に負担をかけてしまいます。
最初はグリーンは1、2種類、フルーツは3種類ぐらいにしてください。

 

種類

フルーツの種類は毎回同じでもいいのですが、
グリーンには中毒症状を引き起こすアルカロイドという成分が微量に含まれています。
なので、同じ種類を食べ続けるとアルカロイドが体内に蓄積しますから
グリーンはローテーションで、出来るだけいろいろな種類のものを取り入れるのがいいですね。

 

注意

もう一つ気をつけたいのは、グリーンと言っても
「ブロッコリーの茎」や「キャベツ」「オクラ」「かぼちゃ」「カリフラワー」など
でんぷん質の野菜を加えないこと。

 

でんぷん質は、腸内でガスを発生させて、体内に毒素が溜まりやすくなってしまいます。
「ほうれん草」「小松菜」「レタス」「セロリ」「青梗菜」「水菜」「クレソン」「春菊」など
デンプンを含まない葉物野菜を中心に摂るようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ